添削指導
ホーム > 添削指導

添削指導

代表の神﨑は、過去、大学受験小論文の添削指導員として多くの答案と接してきました。そのさいに培ったノウハウは、カンザキメソッドの添削指導に活かされています。今ではさまざまな教育機関に、カンザキメソッド添削指導サービスを提供しています。

小論文 添削指導事例

事例① K社 「小論文演習」「志望理由書」添削指導

AO・推薦入試での合格を念頭に置いた高校は、全国に数多く存在します。そうした高校に向けた小論文・志望理由書の添削指導を行っています。

低年次から使用できるテーマを盛り込んだ教材をもとに、弊社では教材・添削基準の作成と採点業務を行っています。

また、小論文の課題は「労働観」「異文化理解」など、普通科のみならず専門学科・総合学科でも活用できるものにしてあります。高校によっては生徒間のレベルに格差が生じている場合があり、こうした受講生への対応が求められることがあります。

弊社ではできる限りこうした対応し、できる限り要点を絞り込んで指導することを心がけています。

事例② A高校 「小論文講座」添削指導

AO・推薦入試を間近に控えた高校3年生のために開設された添削講座です。神﨑が問題の解答・解説を作成し、弊社スタッフが採点します。

当該高校は内部進学者と外部進学者がおり、進路が多岐にわたります。こうしたことに対応し、テーマ型・課題文型・データ型など、さまざまな出題形式の問題に触れることができるよう、問題を作成しています。

また、受講生のレベルが中レベルで均質化している傾向がある高校だったため、採点者にはより技術力の必要なポイント(反論想定・課題文を活用した論述など)を指導するように指示しています。

事例③ S大学 「公務員入門講座(文章力)」添削指導

公務員を目指す大学1年生に、論述試験に対応する能力を養わせる目的で開設された講座です。神﨑が問題・解答解説を作成し、弊社スタッフが採点します。

同じ大学1年生であっても、入試の経路(一般入試か、AO・推薦入試か)によって学力にばらつきが生じます。採点者はこうしたレベルを答案から推測し、ステップアップできるように採点しています。

なお、この案件では採点者の裁量に委ねる部分を多く盛り込んでいます。採点者間の採点の質の競争を促し、よりレベルの高い添削内容にしています。

日本語表現 添削指導

事例 T大学 「入学前プログラム(日本語表現)」添削指導

AO・推薦入試で大学に合格した高校生に対するリメディアル(再教育)を目的として、弊社が添削教材を開発しました。その教材に基づく採点業務です。神﨑が添削基準を作成し、弊社スタッフが心をこめて採点します。

答案から受講生を把握し、学力レベルに合ったコメントや添削指導を行っています。

なお、この案件は受講生が多いため、できる限り採点者間のばらつきが生じないように配慮することが求められていました。その対応のために採点基準を明確化・細分化し、採点の均質化を図りました。

添削指導・請負のご依頼・ご相談のかた

論文・国語・キャリアデザイン・コミュニケーションに関するノウハウをもとに、クライアント様のご要望に基づいて添削指導・請負いたします。
ご要望にあわせた各種教材の作成も承ります。また、弊社とパートナーシップを結ぶ優秀な添削員(現役添削講師等)をご紹介することもできます。

詳しくはフォームよりお問い合わせください。